婚活 専業主婦

専業主婦志望の人は増加している

最近は共働きが多い風潮ですが、反対に女性の専業主婦希望者は増えているそうです。
やはり出産してからも働く女性の負担が大きいことや待機児童問題が影響していると言われています。

 

しかし専業主婦志望であってもなかなか公には言えない人が多いです。

 

「楽したいだけだろう」
「夫の稼ぎでママ友ランチやエステでもするんだろ」
などと世間から冷たい視線を浴びることが多いからでしょう。

 

しかし兼業主婦と専業主婦、どちらがえらいとか楽してるとか悪いとかはありません。
家事や育児に専念したいという人もいれば、仕事にやりがいを感じている&キャリアを積みたいという人もいます。

 

幸せな結婚生活の形は人それぞれなのです。
それを他人が口出す権利はありません。

 

共働きでも女性の家事&育児負担の割合はまだまだ大きい

共働きをして家事も育児もきっちり半分やってくれる男性が果たしてどれほどいるでしょうか。
まだまだ「手伝う」程度の認識の男性が多いのが現実です。

 

もちろん最近では育児家事に積極的な男性も増えています。
でも、育児休暇をとるのも子供が熱を出したときに保育園に迎えに行って会社を早退する役割も母親、という場合がほとんどですし、その認識が変わるためにはまだまだ年月がかかりそうです。

 

 

日本では夫の家事&育児の負担割合が世界でも低い統計が出ています。

 

これには長時間労働の問題もあるのですが、出産して負担が大きくなって辛い思いをしていたり、出産自体をためらう女性が増えている原因でもあります。

 

 

専業主婦だって立派な仕事

専業主婦がやっていることは夫が気持よく仕事に出ていけるようサポートする、というとても素敵な仕事だと思います。

 

一度きりの自分の人生、他人の意見などに左右されず「家事育児に専念したい」「子供の小さいうちはそばにいたい」という気持ちに素直になればいいと思います。

 

誰に迷惑をかけるわけでもないのに、周りは好き勝手言うものです。
他人の意見に左右されず自分がどういう結婚生活をしたいのかを一度考えてみましょう。

 

 

専業主婦になるための婚活方法

年齢と結婚したい相手の条件で探す

 

正直、条件で選びたいのであればやはりお見合いパーティー、結婚相談所などが手っ取り早いです。

 

大手企業や医者、弁護士などとの合コンをするという手もありますがそういったツテがあれば良いのですがない方はやはりなかなか条件のいい方とは出会いにくいかと思います。
やはり婚活の方法は年齢や探している相手の条件など人によって変わってきます。

 

【コラーゲン効果ランキング】飲むコラーゲン14商品を徹底比較!