転勤族と結婚を目指す

「転勤族」の人と結婚すればほとんどの方が専業主婦になるパターンが多いです。

 

例えば結婚相手が転勤の多い仕事であれば、正社員で働いていても全国に支社があって自分も異動可能である以外退職せざるを得ません。

 

働いても形態は派遣、契約社員、パートです。

 

 

小さな子どもがいる人ほど勤めには出ない

 

赤ちゃんや幼い子がいる場合、転勤を繰り返すとそのたび保育園を探し仕事を探すという大変労力のいる活動があるため、専業主婦で自宅で育児をするかたが多いです。
働きに出ても援助してくれる両親が遠方なので仕事にも就きにくいことも原因のひとつです。

 

育児中は支援センターや育児サークルなどで他のお母さんとも交流がしやすいため、転勤族の方が悩みがちな孤独感も解消されやすくなります。

 

転勤族特有のデメリットも

 

転勤が多いとまず行く先々で新しいコミュニティーに入っていかないといけないということがあります。

 

そこで出会った人たちともまた別れるときがきてしまいます。

 

しかしそれが逆に後腐れなくて楽だと言う方も多いようです。
また、子どもも転校を繰り返すことになってしまいます。

 

性格にもよりますが、常に新しい環境に適応することが求められるところがデメリットでもあります。

 

 

夫からも周りの目も理解を得やすい

 

 

 

働きに出られない理由を聞かれても「転勤族である」と言えば、誰しも納得します。

 

専業主婦であることに引け目を感じる人も多い中、悪い言い方をすれば堂々と専業主婦でいられる特権を持っているとも言えます。

 

金銭的に余裕がないと辛い

反対に金銭面で余裕がないと転勤族との結婚はとても厳しいものになります。
就職できても契約社員・派遣・パートなど夫並みに稼ぐことは困難なので、どうしても世帯収入に限界があります。

 

転勤族で奥さんが働けないことまで考慮して手当がついたり、高給である会社は稀でほとんど無いです。
金銭的に余裕のある転勤族を結婚相手に探すのであれば、最初から条件を知ることができるお見合いパーティーや結婚相談所がおすすめです。

 

関連記事

 

 

婚活カウンセラー弥生のコラム