メリット&デメリット 専業主婦

専業主婦もいいことばかりではない?

専業主婦になるとゆったり生活ができるというイメージが強いですが、もちろん悪いところもあります。
婚活をはじめる前に専業主婦になることのメリットとデメリットを知っておきましょう。

 

 

専業主婦になることのメリット

ゆったりと子育てができる

 

これを希望している人は多いのではないでしょうか。

 

やはり仕事を続けながら子育てをするのは大変です。

 

 

 

特に夫側の勤務が長時間だったりサービス業などで変則的だとほぼ一人で子育てをしているような状況になります。

 

頼れるような両親がいない場合はなおさらです。

 

 

 

 

待機児童問題に悩まなくて済む

 

私自身子どもを出産し、いざ復帰となったとき保育園は満員状態。地域にもよりますが保育園に入れない子どもが多くいるのが現状です。

 

 

 

結局2歳まで認可外保育園(公的援助のない保育園)に入れることとなりました。

 

保育園探しは本当に苦労したのでこの心配がない自宅保育は羨ましくもあります。

 

 

家事をゆとりのある時間を使って夫を支えることができる

 

自宅にいればご飯に何品も揃えたり、毎日布団を干したりなど家事に使える時間が割けます。

 

男性はなんだかんだ言っても家事(特に料理)をしてくれる女性には弱いものです。

 

 

 

仕事に疲れて帰ってきた夫を労って支えるような時間のゆとりが持てれば自然と夫も自宅が心安らぐ場所になるはずです。

 

 

時間が自由に使える

 

趣味や家事に時間を割くことができます。

 

また、夫婦ともに仕事が土日休みだと市役所や銀行になかなか行けないという声も聞きます。

 

 

デメリット

 

 

将来や金銭的な不安が大きい

 

夫に万が一のことがあった場合や離婚した場合、余程余裕のあるの保険や慰謝料などがない場合は金銭的に不安定になってしまいます。

 

再就職に強い資格を持っているのあれば仕事にも就きやすいですが、そうでなければいきなり放り出される形になってしまう危険もあります。

 

社会とのつながりが減る

 

特に子どもがいない主婦の方で、社会から孤立しているように感じるという人が多いようです。

 

仕事や子育てをしているとコミュニティーの輪に入りやすいのですが、子どもがいない専業主婦はお互い知り合う機会少なく出会いにくいというのも原因です。

 

しかし友人が欲しいのであれば趣味や習い事、最近ではSNSなどで探すこともできますのであまり心配する必要はないかもしれません。

 

世間から冷ややかな対応をされることも

 

世間には専業主婦を見下す人がいます。

 

世間では「専業主婦はニート」なんて心ないことを言う方もいるようです。

 

 

実際、友人から

 

「働かないのか」

 

「旦那の給料だけでやっていけるなんていい身分だね」

 

「暇じゃない?昼間何してるの?」

 

などと言った嫌みを言われる方も多いようです。

 

しかし、専業主婦になったところで誰かに迷惑をかけているのでしょうか。
ただの妬みからの発言でしょうし、自分の人生は自分の好きなようにすれば良いのです。

 

 

 

自分なりの幸せな結婚生活を探してがんばりましょう。

 

 

婚活カウンセラー弥生のコラム

 

 

関連記事