最低年収 専業主婦

安心して専業主婦になれる年収は?

結婚相手の年収はもちろん多いに越したことはありません。

 

しかし求めればキリがないのも事実です。

 

私が専業主婦を希望している人には「相手が年収600万以上であること」を条件にすることをおすすめしています。

 

 

もちろん住んでいる地域や子供が欲しいかなど個人差はありますが、やはり最低でもこのくらいはないと余裕を持って生活していけません。

 

結婚をすると保険、住宅費、交際費などかかってくるお金は独身時代に予想しているよりも遥かに多いものです。

 

 

子供が生まれれば教育費、私立の中学や大学に通ったり塾に通わせるなど十分な教育を受けさせるとなるとたくさんのお金が必要になってきます。

 

男性の平均年収は

 

気になる働き盛りの男性の平均年収ですが30代前半で約430万、30代後半で約500万となっています。

 

もちろんこれは平均であり、働いていない人やフリーター、非正規雇用の人も入っているので平均はもっと上かもしれません。

 

しかし、一般企業で働く男性の年収はやはりこのくらいであることが現実です。

 

生活水準の高さや教育に力を入れたいなら

小学校から私立に入れたいとなると大学卒業までに合計2,000万円かかると言われています。

 

また、マイホームを購入したり車を持ったり、海外旅行に行きたいとなると最低でも年収1,000万円はないと厳しいのが現実です。

 

高収入の男性と結婚するには

 

では気になるのが「こんな男性どこで見つけたらいいのか?!」ということですよね。

 

こちらで説明していきたいと思います。

 

高収入の男性と繋がるコネを見つけること

 

失礼を承知でハッキリ申し上げますが、男性は若い女性が好きなものです。

 

若い女性であれば若いというだけで興味を持ってもらえます。
ですから上場企業勤務や医者、会社経営者など収入が多い人と出会うためのコネクションをつくりましょう。

 

友人の友人でもいいし、異業種交流会に出るのも良いと思います。
最近ではSNSを利用している人も多いようです。

 

手っ取り早く結婚相談所

絶対高収入の男性結婚したいんだという方は結婚相談所に登録するのが一番です。

 

登録料などが少し高いですが、女性であればすぐにオファーが来ます。

 

収入や資産、身長、家族構成など事前に知った上で婚活ができるので、効率よく理想の相手と出会うことができます。

 

条件の良い人と結婚したいなら一日でも早いほうが良い

上記でも書いた通り若ければ若いほど相手の選択肢は広まります。

 

年齢が上がっていくにつれ選ぶ相手の条件も下げなければいけないということを知っておいてください。

 

それが婚活市場での女性の現実なのです。